一般財団法人樫尾俊雄記念財団

施設案内

歴史的な計算機「14-A」を展示

樫尾俊雄が、1957年(昭和32年)に341個のリレーを使って発明した世界初の小型純電気式計算機「14-A」。当時は歯車を使った機械式の計算機が主流で、「14-A」の群を抜く機能・演算速度・静かさは、機械式を圧倒し、高い評価を得ました。この「14-A」は、上野の国立科学博物館、米国のスミソニアン博物館にも収蔵されている歴史的な計算機です。

14-Aの背面に並ぶキーデバイス「リレー」

世界初の小型純電気式計算機 「14-A」(発明の部屋にて展示)

発明の部屋

樫尾俊雄が兄弟とともに発明した、世界初の小型純電気式計算機「14-A」が展示されています。

14-Aのキーデバイス 「リレー」

「14-A」に使われている独自開発のリレーの実物と、耐久性・信頼性を高めるために施した設計上の工夫を解説しています。

AL-1 <1962年>

科学技術用計算機の元祖。歯車式のプログラムで科学技術用計算を実現したリレー計算機。

数の部屋 ― 電卓 ―

樫尾俊雄の開発思想を受け継ぎ、後継者たちが進化させた電卓が展示されています。

電卓の歴史を変えた「カシオミニ」 <1972年>

一課に一台といわれた電卓を、一家に一台、一人に一台にしたカシオミニ。常識破りの6桁表示(演算は12桁)。発売後10ヶ月で100万台、シリーズ累計600万台を売り上げる大ヒット商品となりました。国立科学博物館が主催する2008年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録されました。

001 <1965年>

初めて記憶装置を備えたトランジスタ電卓。7桁の定数をダイヤルセットできました。

AL-1000 <1967年>

プログラムをソフトウェア化し、一連の命令をキーボードで簡単に記憶装置に入力できる世界初の電卓。

「でんクロ」CQ-1 <1976年>

世界で初めて時刻表示、アラーム、ストップウオッチ、計算の4つの機能を搭載した電子クロック。

SL-800 <1983年>

電子部品のフィルム化によって厚さ0.8ミリに薄型化し、縦・横・厚さともにクレジットカードサイズを実現した電卓。国立科学博物館が主催する2013年度重要科学技術史資料(未来技術遺産)に登録されました。

音の部屋 ― 楽器 ―

多くの人々に音楽演奏を楽しんでもらうために開発した電子キーボードやデジタルギター、電子管楽器などを展示しています。

カシオトーン 201 <1980年>

独自の「子音・母音システム」を搭載した、さまざまな自然楽器の音色で演奏が楽しめる電子キーボード。

SK-1 <1986年>

人の声や雨音などのあらゆる音を手軽に取り込んで加工し、音源にして演奏できるサンプリングキーボード。

時の部屋 ― 腕時計とアドプス ―

エレクトロニクス技術を駆使して独自の進化を遂げてきた時計と、事務用情報処理装置「アドプス」を展示しています。

「カシオトロン」
<1974年>

大の月・小の月も自動判別するオートカレンダー機能を世界で初めて搭載した腕時計。

BM-100WJ
<1989年>

半導体圧力センサーを内蔵し、気圧・高度・水深を測れるセンサーウオッチ。

ADPS(アドプス) R1 <1989年>

独自の「アドプス理論」に基づいて開発された、ユーザーによるプログラム入力を必要としない事務用情報処理装置。

創造の部屋

樫尾俊雄の書斎です。発明のために、寝食を忘れてこの部屋にこもりました。

Homeに戻る