一般財団法人樫尾俊雄記念財団

ご来館者の感想

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

NEW身近な計算機などの進歩が、日本企業の努力によるものだと知っておどろいた。俊雄さんインタビューの一言で、今後の学業への意欲が上がった。

10代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

解説が分かりやすく、お部屋と相まって、充実した内容だと思いました。楽器も実際の映像があって、楽しかったです。とても凄い人だということがよく分かりました。

50代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

貴重な計算機が実際に動作するところを見ることができ、感動しました。カシオの腕時計のファンなのでとても楽しめました。

40代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

樫尾俊雄氏の発想の豊かさにおどろきました。音楽機器の子音と母音を分けて豊かな音域を導き出す発想とかetc

60代男性(茨城県)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

素敵な展示品が多くあって素直に面白く興味深かったです。14-Aが動いているのを見れたのは感動でした。また来たいと思います。

30代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

何気なくなじんできた数々の製品が開発されて商品化されるまでのプロセスがとてもよくわかりました。拝見して感銘を受けました。いろんな人におすすめしたいと思います。

70代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

実際に動くリレー計算機を見て感動しました。今回とは違う季節に来てみたいと思います。

40代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

新しいものを作る0から1の発想が素敵でした。インタビュー映像のコメントで、社会の為になる事の必要性を伝えていたのが心に残りました。

40代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

理想を絶えず追い求めた樫尾さんの姿に感動しました。

70代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

樫尾俊雄氏の偉大な足跡を理解することができて改めて感銘深いものがあります。氏が生前活躍された書斎から見た庭がとても美しく印象的でした。

60代男性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

残された言葉がやはり一番印象的でした。もうけはあとからついてくる。その通りです。

40代男性(埼玉県)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

計算機が実際に動いているところを見せていただいたのが良かった。建物も素敵でした。

20代男性(埼玉県)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

以前からカシオ計算機の製品にはおどろきの連続だった記憶があります。その基礎となった発明のものの考え方に敬服しました。

70代男性(埼玉県)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

NEW世界初の小型計算機は、思いつく計算が全部できるようになっていて驚きました。計算という面から時計をつくるという発想は私にはなかったです。

20代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

ていねいな説明で、より深く知ることができました。音楽の部屋では14分間のVTR演奏が、楽器のすばらしさをひきたてており、良い工夫がされていると思いました。「カシオキミムクチダネ」はおもしろい!発想がすばらしい人で、ただただ感心するばかりです。ありがとうございました。

50代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

カシオミニ、カシオトーン等、身近にあった物が、樫尾さんがすべて発明されたものだと知り、驚くと共に、すごい人だと思いました。

50代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

ビデオや昔のCMも拝見でき、ガイドの方の説明も簡潔で大変楽しかったです。お庭やステンドグラスもすばらしく、また友人を連れて訪れたいと思います。

50代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

丁寧な説明とビデオで樫尾俊雄氏の業績とロマンが理解できました。ステンドグラスの素晴らしさに感激しました。

60代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

発想がユニークであり、出来たものが使いやすくシンプル。考え方から製品まで一貫しているのがすばらしいと感じました。

60代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

「0から1」を生み出すという考え、とても勉強になりました。四兄弟の合わせた力で作りあげられたものにとても感動しました。丁寧に説明してくださりとても楽しかったです。

40代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

当たり前のように使ってきたものを最初に作り上げた「すごさ」を感じました。また「発明は普遍性と創造性」という言葉に感銘を受けました。

60代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

電卓は今のデジタルのものしか見たことがなかったので、昔のものを見てとても楽しかったです。段々小型化されていく変遷を見られたのも良かったです。

10代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

展示品も素晴らしかったですが、部屋の調度品等が細部にわたり凝っていて大変見事でした。14-Aのリレーの動き、実際に見て感動しました。

30代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

樫尾俊雄氏の発明の生涯に感動しました。明確な人生の目標をもつのは、人生の成功になる源になるかなと感じました。儲けるより社会に貢献するのが大事という人柄に感心しました。

40代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

電卓もデジタル時計もキーボードも今当たり前ですが、樫尾俊雄さんのひらめき発明、そこから発展があってこそ便利に当たり前に利用させて頂いているのですね。廊下の写真とお言葉がとてもきらめいていました。

50代女性(東京都)

「必要は発明の母」ではなく「発明は必要の母」。

14-Aの復元にご尽力されたお話には感動いたしました。現代にはないすばらしい技術が当時からあることをうかがいびっくりしています。

40代女性(東京都)

Homeに戻る