2019年4月16日
一般財団法人樫尾俊雄記念財団

未来の発明家をめざそう

~子どもたち みんなが発明家~
第2回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」を開催

樫尾俊雄記念財団が運営する樫尾俊雄発明記念館は、発明による社会貢献の喜びを次世代に伝えることを目的とした第2回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」を開催し、作品の募集を2019年4月17日より9月20日まで行います。

樫尾俊雄発明記念館は、カシオ計算機の創業者の一人で、世界初の小型純電気式計算機「14-A」など数多くの製品を生み出した発明家 樫尾俊雄の発明の志を後世に伝えるため、カシオ計算機の歴史的製品を展示するとともに、次代を担う子ども達に発明による社会貢献の喜びを体験してもらう活動をしています。

「発明アイディア コンテスト」は、子ども達に「発明」を通して社会に貢献する喜びを体験してもらい、未来の発明家をめざすきっかけにして欲しいという思いから、昨年、第1回「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」として実施。今年からは名前を改め、第2回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」として、小学生を対象に、「身の回りにあったらきっと人の役に立つ!」というオリジナルのアイディアを募集します。
コンテストの最終選考に残った応募作品は、11月17日に東京電機大学で決勝大会を行い、応募者自身に自分のアイディアを発表してもらいます。
ホームページ:https://hatsumeicotest.jp/contest/

【樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト概要】

応募資格
全国の小学生(小学1年生~6年生)個人、またはグループ
募集テーマ


① 人の役に立つもの
② 日常の生活に便利なもの
③ 未来の世界であったらいいなと思うもの
募集内容
応募用紙に募集テーマに沿ったオリジナルのアイディアを絵と文章で表現
応募期間
2019年4月17日~9月20日 ※9月20日当日消印有効
最終審査
2019年11月17日 東京電機大学 東京千住キャンパス カシオホール

【昨年のコンテストについて】

2018年11月18日に第1回「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」の決勝大会を実施し、12名が入賞。東京都大田区立清水窪小学校の谷口 青(たにぐち はる)さんが、最優秀賞である樫尾俊雄賞を受賞しました。

【樫尾俊雄賞(最優秀賞)】

「進め!光美海丸(みつみかいまる)海をきれいに」
「進め!光美海丸(みつみかいまる)海をきれいに」
理事長 樫尾隆司との記念撮影
樫尾俊雄記念財団理事長 樫尾隆司との記念撮影

~子どもたち みんなが発明家~
第2回「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」

【コンセプト】

子ども達に「発明」を通して社会に貢献する喜びを体験してもらい、未来の発明家をめざすきっかけにして欲しいという思いから、2018年度より開催※。小学生を対象に、「身の回りにあったらきっと人の役に立つ!」というオリジナルのアイディアを募集します。
※2018年度は、第1回「カシオ・ワンダーキッズ 発明アイディア コンテスト」として実施

【応募要項】

応募資格
全国の小学生(1年生~6年生)個人、またはグループ
募集テーマ


① 人の役に立つもの
② 日常の生活に便利なもの
③ 未来の世界であったらいいなと思うもの
募集内容
上記の3つのテーマから1つ選んで、自分が考えたアイディアの内容を絵と文章表現して応募してください。
応募期間
2019年4月17日(水)~9月20日(金) ※9月20日当日消印有効
選考期間
2019年9月30日(月)~10月18日(金)※最終選考に残った方へ、事務局より順次連絡します。
最終審査
2019年11月17日(日)
発表会場


東京電機大学 東京千住キャンパス カシオホール
※最終選考に残った方を会場までご招待(本人・保護者1名)します。発表会場では、応募者による作品発表と審査員による最終審査を行い、結果発表及び表彰を行います。
応募方法

応募用紙をホームページからダウンロードし、アイディアを絵と文章で表現して、事務局へ郵送してください。
応募先
〒106-8791 麻布郵便局留 「第2回 樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」事務局宛